スケジュール共有で高効率

男の人

仕事の基本は予定管理

会議を開くにあたって一人一人にメールや電話でスケジュールの確認をとっていたら、いつまでも予定が定まらない、出席できる人がほとんどいないと困った経験は少なからずあるはずです。また、忙しい方ほど社内の会議と取引先との商談をダブルブッキングさせたり、同じ上司の同行予定が重なってしまったりと思わぬトラブルも少なくありません。こうした困ったことを解決し、トラブルの発生と取引先からの信用失墜を防いでくれるのがグループスケジュールによる管理です。今やビジネスの上で必須となっているパソコンとネットワークを使って個別のスタッフから部署や社内全体のスタッフのスケジュールに至るまで共有したり、管理をすることができます。社内のパソコンだけでなく、営業職や現場職員ならタブレットやスマホからも参加や共有、確認などが可能となります。合同会議やグループ内や一部のメンバーでの会議をしたい際には予め日取りなどをグループスケジュールに登録し、一度に参加メンバーに伝えることができ、出席を忘れないように直前にアラートなども設定できます。部署内や関係あるメンバーのその日の日程から先の予定までグループスケジュールで確認ができるので、ダブルブッキングも避けられ、外に出ている営業職なども何処で何をしているかがリアルタイムで把握できるので、業務の怠慢の防止などにも役立てられます。日程の調整で手間取る手間や業務の非効率を省き、効率的で透明度の高い業務運営ができ、お互いの信頼性もアップできるのがグループスケジュールを導入するメリットです。