社内

スケジュールソフトを使う

最近、多くの企業がグループスケジュールソフトを利用しています。グループスケジュールソフトは、出欠管理以外にも、残業代の計算や有休の消化率を調べるのに役立ちます。ただ、ソフトによっては、過去の予定欄の書き込みの変更ができない場合があります。

婦人

費用は様々

ビジネスチャットはチャットツールの使いやすさとビジネスに適した安心さを兼ね備えたツールです。導入するときは費用や使いやすさ、セキュリティーなどを総合的に比較して選ぶ必要があります。比較時は一般社員の意見も聞くとよいでしょう。

男の人

スケジュール共有で高効率

グループスケジュールの導入で会議などの日程を決めやすくなって参加率も高められ、予定のダブルブッキングのトラブル防止を図れるとともに、それぞれの活動がリアルタイムで把握でき業務の怠慢なども防げ、業務効率や生産性も高められます。

チャット

多くの企業で導入も

従来の電話やメールの代わりに新たなコミュニケーションツールとして多くの企業が導入するようになってきているのがビジネスチャットです。リアルタイムで連絡を取り合うことが可能であり、円滑なコミュニケーションを取ることが出来るようになるためです。ビジネスチャットツール選びには比較サイトの利用が便利です。

オフィス

スケジュール管理のために

社員のスケジュールを完璧に把握したいのなら、グループスケジュールソフトを導入してみましょう。なお、無料と有料のサービスがあるため、それぞれを試してみた上で、使うグループスケジュールソフトを決定するとよいです。

会議より現場重視で気軽に

チャット

フラットで便利な交流を

かつての企業では事あるごとに会議を開き、会議室にこもってなかなか決まらない議題に議論を費やす一方で、寝ている人がいるなど業務における無駄な時間を費やしたり、支社や営業所から月に一度や週に一度のペースでリーダークラスの人材を集めて会議を開いていました。わざわざ集まる交通費や移動時間も無駄となり、支社や営業所では長が1日不在で業務が滞る、必要な判断が得られないといった不便や業務上の非効率も生じていました。そんな無駄な時間から解放してくれるのが、ビジネスチャットです。近年では、実際に集まるスタイルの会議に比較して無駄が省けるテレビ会議や電話会議などに移行しつつありますが、テレビ会議の場合も専用の端末が必要であったり、ビデオ会議をするための部屋に出向いて時間を合わせて行うなど多少の手間や時間の無駄、設備の導入コストなどがかかります。ビジネスチャットは日ごろの業務で使っているパソコンを使い、ネットワークを介してテレビ会議と比較してもさらに気軽に利用ができます。テレビ会議システムに比較して導入コストも安いうえ、他の業務や日々の業務などをしながらミーティングや議論に参加できるので、余計な時間を使わずに効率的に会議ができます。また、会議としてわざわざ時間や場所を設定しなくても、ビジネスチャットにつながっていれば、いつでも情報交換や交流を持てます。業務やプロジェクトの運営で不明点が生じたら、直ぐに担当者やプロジェクトメンバーに質問をしてお互いに困っていることや不明点を共有し合いながら、適切な回答を得たり、問題解決ができます。ビジネスチャットの導入にあたっては、システムの利便性や操作性などを比較して選びましょう。